リフォーム兵庫日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒートショック対策
みなさん、こんにちは。
営業設計課の西川です。

ここ最近、冷え込む日が多くなってきましたね
毎日朝がつらいです

1月20日は何の日か、みなさんご存知ですか?

そう、『大寒』の日です

『大寒』は冬の一番寒い日をさします。
ですが、実際には一週間ほど後の1月26日から2月4日までに最低気温を更新することが多く、
若干のズレがあります。

暦の上では、『大寒』を過ぎると、春へ向かっているということになります
と、いわれてもまだまだ寒くて、とても春の想像なんて出来ませんよね

そんな寒い冬はヒートショックなどが発生する確率が上がります!
そこで、今すぐできるヒートショック対策をご紹介!

ヒートショックを予防するためには、家の中での温度差を出来る限り少なくする必要があります。

【3つのポイント】
1.冬に冷える場所をあたため、急激な冷えを感じない住空間にする
2.熱すぎない風呂の湯温など、身体を一定の温度差内に保つようにする
3.深夜の入浴を避けるなど、冷えが特に影響する生活時間帯を見直す

こちらの3つのポイントを抑えることがヒートショックの予防では重要です。

【浴室・脱衣室の対策】
1. 脱衣所・浴室内を暖めてから入浴する
 ・シャワーを活用して、部屋を暖めよう
 ・脱衣所はヒーター、他の部屋からの暖かい空気等を使って入浴前に暖める
2. 身体に負担がかからない入浴法を実践する
 ・熱すぎない「38℃〜40℃」の湯温で入浴する
 ・一番風呂を避ける
 ・入浴時のコンディションを整えよう。食後すぐや飲酒時はNG
3.着替え方や衣類で入浴前後の冷えを防ぐ
 ・浴室内で脱ぎ、拭き、着る
 ・あたたかさを持続させる衣服を着よう

【トイレの対策】
1.トイレをあたたかく保つには暖房器具が必須
2. 窓周辺からの冷えを防ぐ
 ・窓まわりの「断熱性能を高める」工夫をしよう
 ・窓を2重サッシにして断熱性能をUP!

s-93b59ae4b5d800f756da6d69c59a21a6-600x528.jpg
s-d04b7119750e1012b7767d4bf9491ef0-600x381.jpg

簡単な対策から行い、無理のない生活を送りましょう!

また、今なら住宅ストック循環支援事業制度がございます。
断熱工事など、省エネ・エコに繋がる工事をしていただくと、
国からリフォームであれば最大30万円(耐震工事を含む場合は最大45万円)
補助があります。
少しでもお考えの方は、是非、この機会にご活用ください。
今がチャンスですよっ
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。